辞めたいと思った場合には

 システムエンジニアの仕事の大まかな流れは、システム全般を設計し、それに基づいた仕様書を作成し、その仕様書をさらに詳細な仕様書にしてプログラマーがプログラミングできるところまで落とし込んでいきます。プログラマーの作業に近い仕様書を作成するところでは、最新の技術について習熟した知識が必要になっていきます。そのため、常日頃から最新の技術の動向や詳細を知っておく必要があります。
 コンピューターの世界は昔から技術革新が速く、その速さに付いていけなくなった時点で辞めたいと感じて転職してしまう傾向が高いです。常に新しいものに対してアンテナを張り巡らせ、クライアントより早く知識を吸収していかなければなりません。新しいものが好きな人、好奇心が旺盛な人でなければ勤まらず、そこで挫折し辞めたいと思う事が良くあります。新しいものを吸収し、自分のものにし続ける事は非常に困難で疲れてしまいます。そのような人は、下流工程ではなく上流工程を担うシステムエンジニアを目指していくよう心掛けましょう。
 そう言った人たちは、最新技術が何かを知る必要はありますが、詳細な技術知識まで知らなくても問題ありません。技術に対して詳細な意見を知りたいクライアントとの打ち合わせをする場合には、下流工程を担当しているエンジニアを同席させれば安心でしょう。上流工程で絶対に必要な能力は、技術力よりコミュニケーション能力になります。現在辞めたいと考えている人は、上流工程を目指してコミュニケーション能力の向上を心掛けてみると良いでしょう。